かきたいことをかくよ

かきたいことを書いていく日記。思いついたままに書きなぐるので文章は滅茶苦茶。

投票に行かないっていつか自分たちの生活に跳ね返ってくる

今朝の報道番組で参院選投票率の低さがテーマになってた。

若者の街頭インタビューで

 

・「バイトで忙しくて選挙がある事を知らなかった」19歳女性

おーい!まじか!知らないわけないだろ!

いくら何でも世間知らず過ぎだろ!少しは羞恥心を持てよ(笑)

かわいい子だったけど、バカ過ぎなのは困ります。

 

・「忙しくて投票にいけなかった」22歳男性

オマエは20歳超えて恥ずかしくないのか。

よくテレビで顔出して堂々とそんなこと言えんな。選挙期間で期日前投票行くくらいの時間はあるだろ。

 

・「知識がないのに投票に行くのは良くないと思ったので行かない」18歳女性

うーん、上二人と比べるとマシな気はする。

 

ですって。

私個人は支持したい人が居なければ白票でも無効票でも投票すべきだと思うけどな。

支持する人がいない、共感できる政党は無い、という意思表示として投票すべき。

 

で、その番組で橋本徹氏が

「20代は白票でも投票すべき、なぜなら政治家は投票率が高い世代向けの政策・支援金を優先するから」

「なので今は投票率の高い高齢者向けの政策ばっかり」

というようなことを言っていた。なるほどその通り。

 

ホントに将来不安にならんのかね、20代のころなんか将来のこととか気にしないか。

国の年金・健康保険に頼らなくても自分の資産だけで生けていけるんでしょうね、羨ましいです。